2017/10/19

シンプルだけどがっつりと!アカモクと新玉ねぎのシンプルチヂミ Fujishima’s recipe

 
ネギとゴマを振って完成

この記事を書いている人 - WRITER -
Fujishimaさん【おはなきっちん】
栄養士・フードスペシャリスト 自宅にて料理教室「おはなきっちん」を開催しています。 また生粋の健康おたくで【体に美味しく心に美味しく】をモットーに、調味料なども自分で作るほどのこだわりを持つ。 食べるもの、食べること、大切に大切に。

 

皆さん、こんばんは!

Fujishima’s recipe 行ってみよ!!

今回はとってもシンプルにとのことでしたが、はたして・・・。

 

アカモクと新玉ねぎのシンプルチヂミ

 

チヂミ良いですよね~。お好み焼きとはまた違う、あのモッチリ感。今回はそんなチヂミにアカモクを入れることで、更にモッチモチモチに変身します!!

早速、材料の紹介から。

 

材料

  • アカモク   40g(1パック)
  • 新玉ねぎ   1~2個
  • 薄力粉      120g
  • 卵            1個
  • 水            150g
  • 塩            小さじ1/2
  • ごま油      適量
  • 葱(小口切り)  適量
  • ごま         適量
  • ヤンニンジャン(又はお好みのタレやポン酢)   適量

材料は、以上。

 

カロリー

全量(4人分)737kcal
1人分184kcal

 

作り方

  1. 玉ねぎは細切りにする。
  2. 薄力粉、卵、水、塩を混ぜ合わせ、アカモクを加えて混ぜ合わせる。
  3. 玉ねぎを加えて混ぜ、ごま油を熱したフライパンに流し入れて中火でカリッと焼く。裏返したらフライ返しでギュッギュッと押す。
  4. 裏面もカリッと焼けたら取りだし、好みの大きさに切って皿に盛り、葱とごまをふりかける。タレを添えて完成。

 

玉子と小麦粉

玉子と薄力粉にぃ~

アカモク入れて

アカモク入りまーす♪

mazemaze

混ぜたら

玉ねぎ入れます

玉ねぎ入れてもう一度混ぜます。

フライパンで焼きます

焼きます

プレス

カリッと焼けたら裏返してプレスプレス!!

ひっくり返します

両面焼きます!裏面もカリッと焼けたら取り出し、葱とごまをふりかけて!

ネギとゴマを振って完成

完成でーす♪(所要時間:およそ30分)
とってもシンプルですが、アカモクの磯の香りや旨みを味わうにはシンプルが良いと思い、具はアカモクと新玉ねぎのみでチヂミを作りました。
アカモク効果で、ただでさえモチモチ食感のチヂミがさらにモッチモチで、シャキシャキのアクセントもあり、美味しいチヂミが出来ました!
今時期の新玉ねぎは甘くて美味しいですし、アカモクと玉ねぎだけで十分美味しい一品の完成です。
今回はシンプルに作りましたが、アカモクは栄養価の高い海草なので、いつものチヂミにプラスするだけでも良いかも♪と思います。

ちょっと普通すぎるお料理かもしれませんが、美味しくいただきました(*´∇`*)

 

とは、Fujishima’s コメント。Fujishimaさんはシンプルとか普通すぎるとかご謙遜されてますが、アカモクはシンプルな料理の方がその素材が活かされると思います。ふんわり磯の香り、そしてフコイダンのネバネバでモチモチ感プラス!!シンプルな方がよりアカモクを良さがわかると思います。

はぁ~、想像しただけでタマランw

 

皆さんも是非、お試しあれ♪

 

Fujishimaさんは、ご自宅にて『おはなきっちん』というお料理教室をされています。小さいお子様連れの方まで参加できるお料理教室だそうです。

ご興味のある方は是非、当HPでお問合せ下さいね♪

 

当HPではアカモクを使ったレシピをご紹介しています。是非、ご覧下さい!

こちらから→アカモクレシピ集まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Fujishimaさん【おはなきっちん】
栄養士・フードスペシャリスト 自宅にて料理教室「おはなきっちん」を開催しています。 また生粋の健康おたくで【体に美味しく心に美味しく】をモットーに、調味料なども自分で作るほどのこだわりを持つ。 食べるもの、食べること、大切に大切に。

Copyright© 長州海の幸プロジェクト 株式会社EVAHのホームページ , 2016 All Rights Reserved.