アカモクにも含まれる成分フコイダンに対する研究について紹介します

今回もアカモクに含まれる成分についての研究についてご紹介したいと思います。

今回紹介する成分は

フコイダン です!

フコイダンは褐藻類(アカモク・ワカメ・モズク・コンブ・メカブ)などの海藻に含まれる滑り成分のことで、アカモク特有のネバネバはこのフコイダンからできています。


上記写真は漁師さんが収穫したばかりのアカモクを網で引き揚げているところですが、網の間から粘り成分が滴っているのが見えます。これがフコイダンです。

 

主な研究内容

九州大学の特設サイト、
「海藻由来酵素消化低分子化フコイダンの抗腫瘍効果を中心とした研究」
引用:http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/crt/fe/index.html

こちらに掲載されている内容に、解明されているフコイダンの機能として

  • 抗腫瘍・抗がん作用
  • 抗ピロリ菌・抗潰瘍作用・胃不快感改善作用
  • 抗アレルギー作用・抗炎症作用
  • 肝機能向上作用
  • 抗生活習慣病
  • 抗糖尿病作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用
  • 血液凝固阻止作用
  • 美肌作用

と紹介されています。カラダにいいことしかないですね。これ。

 

特定非営利活動法人(NPO法人) 統合医療と健康を考える会
引用:https://www.tougouiryou.jp/fucoidan/fucoidan.php

では、フコイダンの三大作用として

1) がんに対するアポトーシス作用
2) 免疫力強化作用
3) 血管新生抑制作用

などが紹介されています。

 

九州大学大学院農学研究院生命生命機能科学部門 機能性多糖分析学寄与講座
引用:http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/bapsa/

こちらには、「海藻成分フコイダンの免疫調整機能」をはじめ、フコイダンに関する多数の研究発表や論文、学会発表が掲載されています。

 

海藻由来のフコイダンは、ここまでご紹介したように様々な研究が進められています。

・・・が、実はまだわかってないことも多い成分のようです。

ですので、

フコイダンの効果 = アカモクのフコイダンの効果 とはまだ言い切れないみたいです。

 

早く、アカモク由来フコイダンの成分研究に期待しましょう!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA