2016/04/20

水溶性食物繊維「フコイダン」とは?研究結果から分かるそのすごい機能!

 
フコイダン大

フコイダンについて

 

フコイダンって何に含まれてるの?

 

フコイダンとは、コンブやワカメ、モズクなどの褐藻類の含まれている食物繊維のことで、1913年にスウェーデン人科学者 H.Z.キリンによって発見されました。

いわゆる海藻のネバネバ成分がフコイダンです。

アカモクも褐藻類であり、このネバネバ成分であるフコイダンを非常に多く含んでいます。

 

フコイダンについての研究

 

多くの研究機関で研究が進められている

 

このフコイダンについては現在、様々な研究期間において研究がされており、これまでに解明されているフコイダンの機能として

 

  • 抗腫瘍・抗ガン作用
  • 抗ピロリ菌・抗腫瘍作用・胃不快感改善作用
  • 抗アレルギー作用・抗炎症作用
  • 肝機能向上作用
  • 抗生活習慣病
  • 抗糖尿病作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗菌作用
  • 抗酸化作用
  • 血液凝固阻止作用
  • 美白作用

 

など多くの機能が明らかになっています。

医学界においても大変注目されいている成分です。また、最近では健康食品としての注目を浴びるようになり、多くのメディアでも取り上げられるようになってきました。

 

すごいですよね!!

 

一方で

 

このようにフコイダンは様々な機能が明らかになっており、九州大学の研究で、人体に対しても安全であると考えられるとの結果も出ているようです。

 

大変注目をされているフコイダンですが、一方で、多くの研究結果は実験室レベルの研究であり、人間に対する臨床的な研究がまだまだ少ないのも事実です。

また、単純に食べることによって、これらの研究結果に基づく効果が得られるかどうか等は、まだ十分な結果がわかっていないようです。

 

今わかっている事実

フコイダンネバー

フコイダンでネバネバー

フコイダンは医学界においても健康食材としても大注目

 

フコイダンについてはまだまだ分かっていないことも多く、どのようにして人間に活用するか等についても今後研究がされていくものと思われます。

今、わかっていることは

  • 様々な機能がわかってきた事
  • 今後の研究次第では医学界において有用な成分である事
  • フコイダンは褐藻類の海藻に含まれているという事
  • アカモクには多くのフコイダンを含んでいるという事

です。

 

以下のサイトにてフコイダンについての詳細を見ることが出来ます。

これ例外にも多数のサイトがあります。

 

 

Copyright© 長州海の幸プロジェクト 株式会社EVAHのホームページ , 2016 All Rights Reserved.